挑んでいるのは光輝き続ける事|貴金属リサイクル事業|福翊株式会社

092-951-0021

スタッフブログ

アロマで虫除け

みなさん、こんばんは。

蛍見物の季節です。風流な蛍狩り、でも蚊にさされるのはちょっとイヤですよね。

虫除けスプレー使えばいいもんねー!って、もしかしてそれディート入ってませんか?

ほとんどの虫除け剤に含まれているディートは最悪の場合全身けいれんを起こし、脳障害、精神障害を引き起こす薬剤です。

・アメリカでは子どもの使用には厳しい規制がかけられています。
・カナダでは幼児には使用禁止です。
・日本では6ヶ月未満の赤ちゃんにのみ使用禁止となっています。

日本の規制が一番低い理由は、厚生労働省で実験をしたけど、それほど危険性を感じる結果が出なかったからとのことです。(それもどうなんだろー)

今日は安全な虫除けスプレーの作り方をご紹介します。

植物は動物と違って、天敵に襲われても逃げることができません。そのため、害虫などから身を守るために、動物が嫌がる成分を生成していると考えられています。この忌避効果を利用したのが、アロマによる虫除けです。
植物によって天敵がそれぞれ異なることから、虫の種類によって苦手とする香りも異なります。つまり、虫除けに使う植物の香りは、避けたい虫によって使い分ける必要があるのです。
ここでは、最も刺される機会の多い「蚊」を寄せつけないための精油をご紹介します。
「蚊」が苦手とする精油

蚊を寄せ付けないために利用できるアロマオイル(精油)は、次のとおりです。
蚊が嫌がるアロマオイル(精油)

・ゼラニウム
・レモンユーカリ
・ラベンダー
・レモングラス
・シトロネラ
虫除けスプレーの作り方

アロマオイルを利用した虫除けスプレーは、自分で簡単に作ることができます。
用意する材料は、次のとおりです。
・精油(例):ゼラニウム4滴、ラベンダー4滴、レモングラス2滴(計10滴)
・無水エタノール5ml(精油と水が混ざりやすくするために使用)
・精製水45ml
・遮光性のスプレー式ボトル
(1)無水エタノールをスプレー容器に入れます。
(2)そこに精油を加えます。
(3)最後に精製水を入れて、混ぜ合わせたらできあがり!
これを、服や網戸、室内にスプレーします。肌の丈夫な大人であれば、腕など身体に付けてもよいですが、お子様や肌の弱い方は避けましょう。
防腐剤を入れていないため水が腐ってしまいますので、大量に作り置きすることはやめましょう。冷暗所で保管して、およそ2週間を目安に使いきってください。
ただし、アロマオイル(精油)には殺虫効果はありません。虫を寄せつけない穏やかな効果があるということです。
虫除けスプレー以外にも、蚊の苦手とする精油で芳香浴をすることも同様の効果があるのでオススメです。

とらちゃん

2015年5月28日

覚悟の瞬間 福翊株式会社 田中多恵

最新記事

ブログカテゴリー

アーカイブ

お問い合わせフォーム

メタルに関するお問い合わせは

お問い合わせフォーム
覚悟の瞬間 福翊株式会社 田中多恵
ページトップ