挑んでいるのは光輝き続ける事|貴金属リサイクル事業|福翊株式会社

092-951-0021

スタッフブログ

時差ボケ対策

Aloha!
みなさん、こんにちは。
久しぶりにハワイに行ってまいりました。
今回は初めて福岡空港からの直行便を利用したのですが、夜のフライトなので仕事の電話がかかってくる心配をせずに済み、たった8時間で到着。乗り継ぎが無いのは、とても楽でした。
福岡を20時に出発して、ホノルルには現地時間の朝9時過ぎに到着。
時差は19時間。面倒なので反対に5時間で計算するとホノルルが朝9時ということは日本は朝の4時です。(ただしハワイは前日になります)

さて私なりの時差ボケ対策は…

①現地時間に合わせて食事を取る

深夜になる機内食は食べません。ふだん夜中に食べる習慣がある人は食べても大丈夫でしょう。
私は毎朝日本で飲んでいるモリンガを同じように現地時間の朝に飲み、朝のスイッチを入れます。
そして、たとえ少しづつでも昼、夜と現地時間で食べます。

②もしも眠くなっても現地時間の夜まで寝るのはガマン!

いま自分がいるところこそが基準なのです。こうなったら地球の中心は自分なのです。どんなに昼間に眠くても無理に起きていれば、夜にはぶっ倒れるように眠れる…はずです。

③日本時間で何時間起きているかなんて考えない

そんなことわかったところで、疲れるだけで何のメリットもありません。

④帰国したら速やかに旅行のことを忘れ、①からの手順に戻ります。

目の前にある現実だけが重要なのです。せいぜい日本ではゆっくりお風呂に浸かってフライトの疲れを癒します。

ほとんど精神論みたいな、気合だ!みたいな感じがしなくもないですが、これであなたも旅の達人?!

とはいえ、例えば日本時間の20時までメールや電話と普通にやりとりしているとしたら1時までは起きていることになります。
日本時間の夜中に合わせてFacebookとかやってると、ハワイでは起きる時間です(笑)。眠ってる時間なんかないよ^o^

SoftBankのアメリカ放題や無料WiFiなどが便利になりすぎて、ますます寝る時間は無くなります。わぁ便利便利!Mahalo!

とらちゃん

 

 

2015年6月21日

覚悟の瞬間 福翊株式会社 田中多恵

最新記事

ブログカテゴリー

アーカイブ

お問い合わせフォーム

メタルに関するお問い合わせは

お問い合わせフォーム
覚悟の瞬間 福翊株式会社 田中多恵
ページトップ