挑んでいるのは光輝き続ける事|貴金属リサイクル事業|福翊株式会社

092-951-0021

スタッフブログ

幸せの

みなさま ブォナセーラ ♪( ´▽`)

私、先日ラッキーな体験をしちゃいました。

「ある物」に遭遇したんです。

「何」って?

それは…。

幸せの黄色い新幹線「ドクターイエロー」です。

この「ドクターイエロー」の正体は、東海道&山陽新幹線を走る保線点検車両。

車輌の床下にある様々なセンサーで、線路状態を検測&点検するための「試験車」で、乗客を運ぶためのものではありません。

そのため、1ヶ月に3回「のぞみダイヤ」2ヶ月に1回「こだまダイヤ」で走行という以外は、走行日時は非公開。

ということで、めったに見られないというレア感と、人目を引く鮮やかな黄色の車体で人気を集め、いつしか「見ると幸せになれる」という都市伝説が生まれたそうです。

また、ドクターイエローの目撃情報を寄せる専用掲示板や、走行日の予測サイトも出現し、鉄道ファンの間でも大変な人気の様子。

ちなみに、ドクターイエローがこの様な目立つ黄色に塗装されているのは、一般の乗客が誤って乗ってしまわないためという説もあるそうです。

でも「黄色」というと、やはり何か特別な色という感じがありますよね。

日本では高倉健さん主演の映画「幸せの黄色いハンカチ」のイメージが強いかもしれません。

この映画では、黄色は「大切な人の帰りを待つ」色でした。

また、アメリカでは、戦争に送り出された兵士たちの家族が、彼らの無事の帰還を祈り「黄色いリボン」を玄関に飾ったり、身につけたりするそうです。

つまり、黄色は「ここにいない誰かを想う色」なのかもしれませんね。

遠くへ旅する乗客の安全を守るために走る新幹線「ドクターイエロー」が黄色であることは、そのような理由もあったり …すると良いですね。

はやと

2015年7月22日

覚悟の瞬間 福翊株式会社 田中多恵

最新記事

ブログカテゴリー

アーカイブ

お問い合わせフォーム

メタルに関するお問い合わせは

お問い合わせフォーム
覚悟の瞬間 福翊株式会社 田中多恵
ページトップ