挑んでいるのは光輝き続ける事|貴金属リサイクル事業|福翊株式会社

092-951-0021

スタッフブログ

意外や意外

みなさま  ブォナセーラ  ( ´ ▽ ` )ノ

今宵も先週に引き続き「新幹線ネタ」で参ります。

唐突ですが….。

「新幹線の3列シートの秘密」をご存知ですか?

実は「真ん中の席」が一番良いらしいんです。

えっ⁇   どうして⁇

「窮屈でイヤ」

「両隣りに気兼ねして眠れない」

「トイレに行きにくい」

などなど、「真ん中の席」を好まない人は多いのではないでしょうか?

たしかに、混み合った新幹線で3列シートの「真ん中の席」すなわち「B席」は嬉しくないですよね。

ところが、事実を調べると意外なことが….。

実は、窮屈で狭いと思っていた「B席」は、幅が広いのです。

もう一度申し上げます。

あまり知られていませんが「B席」は、他の座席よりも幅が広く作られているのです。

700系新幹線では、この「B席」だけ座席幅が460ミリ。

他の4席であるACDEは、430ミリ(N700系は440ミリ)となっており、3列シートの「真ん中の席」である「B席」は、30ミリ(N700系は20ミリ)も広く作られています。

(ちなみに、グリーン車は475ミリでラクラクです)

よく良く考えますと…。

3列シートの窓側である「A席」は、狭い上にトイレに行く際などは、外側の「B席」&「C席」に2人の乗客がいるため、出入りしずらい。

そして….。

通路側である「C席」は、内側の「A席」&「B席」に2人の乗客がいるため、出入りが多く煩わしい。

となれば….。

広い真ん中の「B席」が良いかも‼︎

と、思えて来ませんか⁈

という事で….。

これからは、混雑の際は迷わずに「B席」でOKですね。

私はイヤですけど。

はやと

2015年7月29日

覚悟の瞬間 福翊株式会社 田中多恵

最新記事

ブログカテゴリー

アーカイブ

お問い合わせフォーム

メタルに関するお問い合わせは

お問い合わせフォーム
覚悟の瞬間 福翊株式会社 田中多恵
ページトップ