挑んでいるのは光輝き続ける事|貴金属リサイクル事業|福翊株式会社

092-951-0021

スタッフブログ

百獣の王は やはり強運

みなさま ブォナセーラ *\(^o^)/*

今宵は、私の大好きな「東京都中央区ネタ」で参ります。

三越のシンボル「ライオン像」について

日本橋三越本店の正面玄関にあるライオン像。

待ち合わせ場所として多くの人に利用されています。

そのルーツは、大正3年に三越が日本初の百貨店としてルネッサンス式鉄筋5階建ての新店舗となった際、当時の支配人であった日比翁助のアイデアで、2頭のライオン像が設置されたことによります。

三井銀行本店副支配人であった日比は、明治31年に合名会社三井呉服店の副支配人に就任し、その後様々な改革を試み、三越百貨店の基礎を築いた人物です。

元来、日比はライオンが大好きで、自分の息子に「雷音」と名付けたほどでした。

この様な背景で、2頭のライオン像が三越本店の玄関に鎮座する運びとなったのです。

百獣の王にちなみ、業界の王への願いが込められているのでしょう。

以下は、三越のウェブサイトからの引用です。

このライオン像の大きさは、うずくまる形で、前足から尾まで269㎝、頭までの高さが120㎝あり青銅製。

モデルとなったのは、ロンドンのトラファルガー広場にあるネルソン提督像を囲むライオン像です。

この広場のライオン像は、動物画家で彫刻家でもあったランドシィーアの作品。

日本橋三越本店のライオン像は、それを模して彫刻家メリフィールトの模型を鋳造家バルトンが製作したものです。

以上、三越のウェブサイトからの引用でした。

ちなみにこのライオン像、大正12年の関東大震災では火を被り、磨き直しをしています。

また、昭和16年の太平洋戦争開戦後には、金属回収に伴い海軍省に供出されてしまいます。

しかし、戦後幸運にも溶解を免れ、東郷神社に奉納されているのを社員が発見し、昭和21年に無事本店に戻ったのだそうです。

これこそ、まさに奇跡のストーリーと言えましょう。

何やら日比さんの執念の様な物を感じてしまいます。

はやと

2015年9月9日

覚悟の瞬間 福翊株式会社 田中多恵

最新記事

ブログカテゴリー

アーカイブ

お問い合わせフォーム

メタルに関するお問い合わせは

お問い合わせフォーム
覚悟の瞬間 福翊株式会社 田中多恵
ページトップ