挑んでいるのは光輝き続ける事|貴金属リサイクル事業|福翊株式会社

092-951-0021

スタッフブログ

ある日とつぜん その2

みなさま ブォナセーラ ( ´ ▽ ` )ノ

以下、先週の続きとなります。

信号待ちをしていたところ、左側面に激しい衝撃を受け、一瞬「唖然」となった訳です。

そして、我に返り車外を見たところ….。

125ccの「スクーター」&「おじさん」が「ブッ倒れて」いたのです。

「おじさん」に至っては、まさに絵に描いたような「大の字」スタイルで、仰向けにノビていました。

私は、狼狽しながらもおじさんに駆け寄り….。

「だ、大丈夫ですか?」と問いかけました。

対して「おじさん」は….。

「す、す、す、済みませ〜ん  ⁉︎ 」

とりあえず「おじさん」が無事に返答してくれた事に、私は心から安堵しました。

結論としては、不慣れなバイクのアクセルワークを誤った結果、フルスロットルで路地の停止線を突っ切る形で飛び出してしまったとの事でした。

事故の顚末に関しては、幸いな事に双方僅かな物損&打撲で事なきを得、本当に良かったです。

仮に私の車が停止していなければ、そのまま大通りに飛び出していただろう「おじさん」….。

まさに危機一髪でした。

これから年の瀬に向かい、ただでさえ慌ただしい時節を迎えます。

みなさま、くれぐれも安全運転で参りましょうね。

そうそう、この「おじさん」….。

何と、我が社が警備を依頼しているセキュリティ会社の機動隊員だったんです。

2度ビックリしちゃいました。

はやと

2015年11月11日

覚悟の瞬間 福翊株式会社 田中多恵

最新記事

ブログカテゴリー

アーカイブ

お問い合わせフォーム

メタルに関するお問い合わせは

お問い合わせフォーム
覚悟の瞬間 福翊株式会社 田中多恵
ページトップ