挑んでいるのは光輝き続ける事|貴金属リサイクル事業|福翊株式会社

092-951-0021

スタッフブログ

「来た道」から「行く道」へ

皆さま ブォナセーラ ( ´ ▽ ` )ノ

昨日は、気になっていた「事件」が結審したようです。

誰にも起こりうるこの「事件」…。

一つのテストケースとして、共に考えてみませんか?

先ずは昨日のヤフーニュースの報道からの抜粋です。

「愛知県大府市で認知症の男性(当時91歳)が1人で外出して列車にはねられ死亡した事故を巡り、JR東海が家族に約720万円の損害賠償を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)は1日、男性の家族に賠償を命じた2審判決を破棄し、JR東海側の請求を棄却した。家族側の逆転勝訴が確定した。」

この裁判には、以下の流れがありました。

1.第一審

名古屋地裁は長男を事実上の監督者と判断し、妻の責任も認定。2人に全額の支払いを命じた。

2.第二審

名古屋高裁は長男の監督義務を否定したものの「同居する妻は原則として監督義務を負う」として、妻には約360万円の賠償責任があると判断。

3.第三審

最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)は1日、男性の家族に賠償を命じた2審判決を破棄し、JR東海側の請求を棄却した。家族側の逆転勝訴が確定した。

ということです。

私は、この「事件」に少なからず関心がありました。

なぜなら、以前デイサービスの運営に僅かながら関わりを持たせて頂いたからです。

リアルに「老い」から生じる現実的な現象を目の当たりにする中で、様々な「予想」や「想定」をせざるを得なくなりました。

その一つに「徘徊」と呼ばれる現象があります。

今回の「事件」もそれに相当する筈ですが、あまりにも逃げ場のない出来事に思われて仕方がありません。

事件当初のやり取りで、特に印象的だった遺族側の一言があります。

「認知症の人を一瞬の隙(すき)もなく見守ることは不可能で(後略)」

ここに家庭内における介護の限界が見えます。

国が不特定多数の「介護ニーズ」に応えられる受け皿を整備することは、容易いことではありません。

また、最近話題の「下流老人」という表現にも象徴される「経済苦」問題。

全てが「経済」を軸に回らざるを得ないこの世の中で、それぞれがそれぞれの「事情」を抱えています。

その「事情」の一つが「経済」です。

今回の事件も、完全看護の施設に身を移せば未然に防げていたやも知れません。

ご家族の皆さまも、出来うることであればそれを望んでいらした筈です。

そこにはどの様な「事情」があったのでしょう?

また、視点をJR側に移せば「とんだ災難」と言えましょう。

皆が苦しむことになった今回の「事件」の根底にある「老い」について…。

私たちにとりましても「行く道」です。

様々な備えを想定すべきではないでしょうか。

はやと

2016年3月2日

覚悟の瞬間 福翊株式会社 田中多恵

最新記事

ブログカテゴリー

アーカイブ

お問い合わせフォーム

メタルに関するお問い合わせは

お問い合わせフォーム
覚悟の瞬間 福翊株式会社 田中多恵
ページトップ