挑んでいるのは光輝き続ける事|貴金属リサイクル事業|福翊株式会社

092-951-0021

スタッフブログ

あり得ない けど あった

皆さま ブォナセーラ ^_^

本日は、ビックリ仰天ニュースのご紹介 ‼︎

まずはヤフーニュースからの抜粋です。

【3月9日 AFP】フランス中部の村で歯科医として診療に当たっていた際に、100人以上の患者の口内に重傷を負わせたとされるオランダ人の男が8日、出廷した。現地メディアは男を「恐怖の歯科医」と呼んでいる。

ヤコーブス・ファンニーロップ被告(51)はシャトーシノン村で、患者の健康な歯を次々に抜いていた。患者らはあごの損傷や、再発性の化膿(かのう)や敗血症に苦しんでいた。

〜以上、ヤフーニュースからの抜粋でした〜

いや〜 (;^_^ 誠に恐ろしいニュースです。

このお方、何かに取り憑かれているんでしょうか?

ちなみに具体的な被害報告としては…。

ケース1
65歳の女性患者は2012年3月、歯列矯正器具を装着するため被告の元を訪れたところ「7~8本の注射を打たれ、一度に8本の歯を抜かれた。3日間出血が止まらなかった」とのこと。

ケース2
ずさんな処置を施されたことによる重度の化膿で数本の歯を失ったという女性患者は「毎回『ちょっとチクリとします』と言っては完全に眠らされていた」と話しています。

いや〜ヤバイ…(; ̄O ̄)ヤバすぎます。

その後、1人の女性患者の発起により被害者の会が設立されたところ、たちまちに120人もの被害者が名乗りを上げました。

そして、同年6月にはいよいよ警察が逮捕に踏み切りますが、公判までの保釈期間中に被告は国外逃亡を果たした後、翌2014年9月に逃亡先のカナダで逮捕されたとさ…。

いかがでしょう。悪い冗談のような実話ですね。

もう1つオマケのお話しが….。

この「恐怖の歯科医」には、どの様な処罰が科せられたでしょうか?

何と「禁固8年」&「罰金130万円」だそうです。

軽すぎやしませんか ‼︎

皆さまも「Dr.選び」にはくれぐれも気をつけましょう。

はやと

2016年4月27日

覚悟の瞬間 福翊株式会社 田中多恵

最新記事

ブログカテゴリー

アーカイブ

お問い合わせフォーム

メタルに関するお問い合わせは

お問い合わせフォーム
覚悟の瞬間 福翊株式会社 田中多恵
ページトップ