挑んでいるのは光輝き続ける事|貴金属リサイクル事業|福翊株式会社

092-951-0021

スタッフブログ

金の価格の決まり方

Aloha!

今日は一気に円高が進みましたね。金の価格と言うと、皆さんは何を思い浮かべますか?

金の価格は、日本国内では「1グラム●円」と表されていますので、円を思い浮かべる人が多いことでしょう。昔は日本でも金が掘り出されていましたが、今はほとんどありません。現在、日本で取引されている金は輸入した物です。輸入された金の価格が、どのようにして決まるのかご存知でしょうか?

金の国際価格は「トロイオンス(TOZ)」。1トロイオンス当たりの価格が米ドル建てで表示されます。ドル建ての金価格をその時の為替レートで円価格に換算し、その上で1グラム当たりの日本国内における金価格を計算します。

金地金の取引は、世界中の市場で24時間世界中行われていますが、香港、チューリッヒ、ロンドン、ニューヨークが世界の四大金市場と呼ばれ、指標的な市場としての地位を確立しています。

金の国際価格がドル建てということは、金は外貨預金等と同様、為替相場の影響を受ける金融商品になります。そのため、国内の金価格はドル円相場の影響を受けます。たとえば、円高ドル安になれば円建ての金価格は値下がりし、円安ドル高になれば金価格は上がることになります。

もちろん、為替相場の動向だけで金価格が決まるわけではありません。この他には、金の価格は、需要と供給のバランスによっても決まります。需要が高まれば品薄への懸念から金価格は値上がりしますが、供給が増えれば供給過剰から金価格は値下がりします。

たとえば、世界経済の動向やインフレへの懸念等、様々な要因の影響です。世界経済の低迷によって信用不安が拡大したとします。この場合、投資家はリスク回避の傾向が強まり、安全資産である金に需要が高まって金価格が値上がりします。反対に、信用不安が減退すれば投資家はリスクをとるようになり、株式等に投資を始めることで金価格は値下がりします。

また、物価が上昇した場合は、通貨の価値が下がることから、実物資産である金がインフレヘッジとして買われる傾向にあります。一方、インフレ対策として各国が利上げを行うと、金利のある他の商品で運用する方が有利になるため、金は買われなくなる傾向にあります。
さらに、金を輸入する際には輸送費等のコストもかかります。ですから、国内の金価格には、金を輸送する際にかかる費用等が手数料となって、金価格に影響を及ぼします。たとえば、金地金で購入する場合、500グラム以上を購入する際にはバーチャージ(手数料)はかかりませんが、500グラム未満の場合にはバーチャージが発生します。

Mahalo とらちゃん

 

2016年6月16日

覚悟の瞬間 福翊株式会社 田中多恵

最新記事

ブログカテゴリー

アーカイブ

お問い合わせフォーム

メタルに関するお問い合わせは

お問い合わせフォーム
覚悟の瞬間 福翊株式会社 田中多恵
ページトップ