挑んでいるのは光輝き続ける事|貴金属リサイクル事業|福翊株式会社

092-951-0021

スタッフブログ

寝る子は痩せる?

Aloha!
みなさん、こんにちは!

暑くても寒くても食欲が落ちることのない、わたし・・・。
3-3-7寝るだけダイエットという魅力的な記事を発見したので、ご案内します。

読んでみると、ふむふむ・・・
なかなか説得力のあることが書かれています。

以下、転載↓

成長ホルモンは、脂肪を分解するやせホルモンでもあります。
体は正しく眠るだけで毎日300kcalを消費しているのです。
試しに眠りにつく前と、朝起きた時に体重を量ると変化があるのがわかります。
1ヶ月の間、正しい睡眠をとれば、「約1キロ」も痩せることになります。
このカロリーを消費しているのが成長ホルモン。
若返りホルモンとしておなじみですが、実は脂肪を分解する「やせホルモン」としての役割もあるのです。

「3・3・7睡眠法」とは?
夜中の3時には眠っていないとやせホルモンが出ない

人間のからだには3つのリズムがあります。
・24時間のサーカディアンリズム(概日リズム、約1日)
・12時間のサーカメディアンリズム(半日リズム、普通12時から15時の間に訪れる昼寝はこのリズ ムにより作られる。)
・90分周期のウルトラディアンリズム(睡眠周期や分節周期などが知られている)

これらのリズムがちょうど合わさるのが深夜の3時なのです。
夜更かしがちな人でも、3時には眠っていたらぎりぎりやせホルモンの分泌タイムに間に合います。
夜10時から夜中の3時までがもっとも分泌されやすい時間帯だといわれています。

やせホルモンを上手く分泌させるには、最初の3時間はまとめて眠ること。
やせホルモンの分泌は眠りについた後の3時間でまとめて分泌される仕組みになっているのでこの時間はぐっすり深い眠りにつけるようにすることが大切なのです。
その後はほとんど分泌されないようです。

1日トータルで7時間の睡眠を目指す
睡眠時間が7時間の人に比べて
・5時間睡眠の人は肥満率が52%高く
・4時間睡眠の人は肥満率が73%高い

研究では睡眠時間は7時間程度がちょうど良いとされています。
適正な睡眠をとることが健康に痩せる秘訣です。

アーモンドと起床時間で効果を上げる
眠る1時間前にアーモンドを3粒
脂肪燃焼させる成長ホルモンを最大限に分泌させる為には眠る1時間前に低インシュリンで、成長ホルモンの分泌を促すアルギニンを多く含むアーモンドを3粒食べることだそうです。

7時から8時の間に起きる
昼まで眠ってしまうと、能がエネルギーはいらないのだと判断し、せっかく分解されたブドウ糖は体脂肪へと再合成され体内へ脂肪となって蓄積されてしまいます。
スリーピングダイエットは眠り過ぎても逆効果なので、できれば7時から8時の間に起きるのがベストです。

まとめると・・・

1、夜更かししても午前3時までには寝る
2、最初の3時間はまとめて眠る
3、適度な睡眠時間は7時間
4、朝は7時から8時までには起きる
5、寝る1時間前にはアーモンドを3粒食べる

心がけて睡眠を取りましょう!

・・・ということらしいです。

お金もかからないし、いい感じですね。
言われてみれば、周囲を見回してみると慢性的な睡眠不足が続いている人って、確かに痩せているイメージないかも(失礼)

ついついスマホいじりながら、うつらうつら。(←これは対処できる)
夜中のトイレが2時間もたない私はどうすればいいのでしょう~。

Mahalo! とらちゃん

2016年8月18日

覚悟の瞬間 福翊株式会社 田中多恵

最新記事

ブログカテゴリー

アーカイブ

お問い合わせフォーム

メタルに関するお問い合わせは

お問い合わせフォーム
覚悟の瞬間 福翊株式会社 田中多恵
ページトップ