挑んでいるのは光輝き続ける事|貴金属リサイクル事業|福翊株式会社

092-951-0021

スタッフブログ

頼まれてもお断りざんす

みなさま ブォナセーラ ^_^

明日はいよいよ9月ですね。ぐっと秋めいてほしいなぁ〜。

この涼しさが続きますよう乞い願う、今日この頃の私です。

さて、皆さまは「高麗航空」という航空会社をご存知ですか?

聞きなれない名称ですが、実はコレ、北朝鮮の航空会社なんです。

「コリョハンゴン」とか「エアーコリョ」などと呼ばれたりもしております。

保有資産が(国内線と国際線を併せても)全64機ということもあり、滅多に実機を見ることはない筈です。

が、その昔…..私は見ちゃいました。モスクワ空港で ‼

見るからに古そうな機体で、激しく「乗りたくねぇ〜」という印象を持った様に記憶しております。

さて、その「高麗航空」はこの度、世界600の航空会社を対象とした満足度調査で、四年連続の最下位という何とも不名誉な栄冠を獲得したようです。(何となく分かる気がしますが)

空港及び航空会社の施設・サービスの評価機関として権威が認められている英国の「スカイトラックス」は、高麗航空の搭乗客を対象に56項目のサービス調査を行いました。

その結果、機種老朽化の程度、機内食、乗務員の英語力など、殆どの項目で「星一つ」との格付けに至った様です。(当然満点は星五つ)

この調査結果、決して「辛口」ではありません。皆さまも聞けば納得する筈です。実情を聞けば驚愕する事ばかりなんです。

その要因は全て「経営難」がなせる技と言えましょうが…..。

例えば

「着陸時に滑走路の真ん中で、突然操縦士がエンジンを切った。しばらくすると軍用ジープがやって来て、ランディングギアに綱を結び格納庫まで機体を牽引した」(燃料節約のため)

「操縦士と女性乗務員に交通手段が与えられておらず、一時間かけて空港と宿舎の間を行き来している」

「保有機の殆どが1960年代に旧ソ連から導入した古い機体であるため安全面で著しい不安がある」

「座席下の救命胴衣は全て撤去されている」

「座席ベルトの破損および故障が多発している」

「スチュワーデスと党幹部と見られる人民服姿の数人の男性が、離陸の際も着席せず雑談しているという危険な状況が目撃されている」

「機内免税品は北朝鮮の酒・たばこと手芸品のみ」(どんな手芸品なんだろ〜?)

「新聞・雑誌も宣伝用画報「朝鮮」と労働新聞、英字紙の平壌タイムズだけで、西側の発刊物はない」

「機内食に至っては、あの悪名高き「平壌高麗ホテル」に匹敵(食える筈ねぇ〜)

北朝鮮って本当に凄い国なんですね!

「ブラック」を通り越して「暗黒」だわ !(◎_◎;)

はやと

2016年8月31日

覚悟の瞬間 福翊株式会社 田中多恵

最新記事

ブログカテゴリー

アーカイブ

お問い合わせフォーム

メタルに関するお問い合わせは

お問い合わせフォーム
覚悟の瞬間 福翊株式会社 田中多恵
ページトップ