挑んでいるのは光輝き続ける事|貴金属リサイクル事業|福翊株式会社

092-951-0021

スタッフブログ

「人情」って大好き

皆さま ブォンジョルノ (^з^)-☆

昨夜のことですが、宿泊先のホテルにて久々に「男はつらいよ」を観ました。

全48作のこのシリーズ、渥美清さんが演じる主人公の「車寅次郎」通称「寅さん」は、毎回失恋の痛手を受けながらも、観る人の心を「爽やかな温かさ」へと誘ってくれます。

私は未だ全編走破は成し得ておりませんが、いずれは完走を果たしたいと思います。

さて、今回の作品は第42作「ぼくの叔父さん」でした。

その中で、寅さんが甥っ子の満男くん(浪人生・未成年)にお酒の飲み方を教えるシーンがあったのですが、その際の台詞が見事なものでしたので紹介させて頂きます。

「まず片手に盃を持つ。酒の香りを嗅ぐ。酒のにおいが鼻の芯にジーンと滲み透った頃、おもむろに一口飲む」

「さあ、お酒が入っていきますよ!ということを、五臓六腑に知らせてやる」

「そこで、ここに出ているこの突き出し、これを舌の上にちょこっと乗せる。これで、酒の味がぐーんと良くなる」

「それから、ちびりちびり、だんだん酒の酔いが身体に滲み透ってゆく」

いやぁ〜 ‼︎ 名台詞ですねぇ〜 ^_^

私もこんな口上を垂れる「大人の男」を目指したいと思います。

はやと

2016年10月5日

覚悟の瞬間 福翊株式会社 田中多恵

最新記事

ブログカテゴリー

アーカイブ

お問い合わせフォーム

メタルに関するお問い合わせは

お問い合わせフォーム
覚悟の瞬間 福翊株式会社 田中多恵
ページトップ