挑んでいるのは光輝き続ける事|貴金属リサイクル事業|福翊株式会社

092-951-0021

スタッフブログ

伝統危うし

みなさま ブォナセーラ (^。^)

今年も余すところ僅かとなりました。本当に月日の経つのは早いものですね。

さて「年の瀬の風物詩」と言えば、みなさまは何を思い浮かべますか?

私は「イルミネーション」「大掃除」「 年賀状を書かなくっちゃ」などが浮かびます。

しかしながら、私の幼少期と現在を比べますと、随分と時代の変化を感じるものです。

「日本の伝統」という表現が相応しい様々な行事も、加速度的に失われつつあるように思われてなりません。

そのような中「ある行事」もピンチを迎えております。

それは「餅つき」です。

昔は年の瀬のイベントとして定番の座にあったこの「餅つき」。

現在ではほとんど見かけなくなりましたね。

また、驚くことに「餅つき大会禁止令」が発令されている自治体もあるとのことで、この伝統行事はかなりの逆風にさらされているようです。

なぜなんでしょう?

その理由は….

「食中毒」の恐れがあるから ( ̄O ̄;) なんだそうです。

近年では定着感のある「ノロウイルス」をはじめとした感染症が猛威を振るうこの季節。

確かに様々な人々が代わる代わる素手でお餅に触れたりすれば、ウイルスの拡散リスクは高まります。

また、この餅つきに使用される道具である「杵」(きね)や「臼」(うす)などにおいても「衛生管理」とは程遠い状況が多数見受けられるようです。

例えばこんなイメージです。

「道具は地域の老人が持ってるものを使用」

「普段は倉庫に起きっぱなし」

「木製せいろや杵はカビやほこりまみれ」

「臼を熱湯かけて洗うとお湯がハンパなく茶色に濁る」

「どれも熱湯でこすり荒いするだけ」

「洗剤なんか使おうものなら管理する老人に怒鳴られる」

「つまり汚すぎる」

「あんなの見てとても食べる気にならない」

「餅を丸める時も消毒もしない素手で扱うし気持ち悪い」

「今の時代に餅つき会なんて不潔すぎて不要です」

いかがでしょうか?

昭和生まれで「日本の伝統行事」を相応に体験した私も、これらの意見には思わず頷いてしまいました ( ̄▽ ̄)

ということで、お餅のことは「家庭用餅つき機」に任せよっと ♬

はやと


 

2016年12月7日

覚悟の瞬間 福翊株式会社 田中多恵

最新記事

ブログカテゴリー

アーカイブ

お問い合わせフォーム

メタルに関するお問い合わせは

お問い合わせフォーム
覚悟の瞬間 福翊株式会社 田中多恵
ページトップ