挑んでいるのは光輝き続ける事|貴金属リサイクル事業|福翊株式会社

092-951-0021

スタッフブログ

吹いたかな?


みなさま ブォナセーラ(^-^)v

本日2月15日は「春一番名付けの日」なんだそうです。

今回は「春一番名付けの日」について解説して参ります。

「春一番」は立春から春分の間(2~3月)にその年に初めて吹く南寄りの強い風のことです。

「春一番」が吹くと南風の影響によって気温が上昇するため、春の訪れを告げる暖かい風ということです。

また「春一番」の語源について調べてみますと、以下のような背景があることが分かりました。

「
春一番」という言葉の語源は古く、江戸時代に起こったある事件がきっかけでした。

1859(安政6)年2月13日、壱岐郷ノ浦の漁師53人が五島沖で漁をしていたところ、突風が起こって船が転覆し、全員が死亡するという痛ましい事件が発生しました。

実はこの事件が発生する前から、郷ノ浦の漁師の間では春の初めに強い南風が吹くことが知られていました。

その南寄りの強い風の事を「春一」と呼んでいたそうで、これが現在の「春一番」という言葉の語源となったとされています。

それから時がたって昭和になり、漁師だけではなくマスコミが「春一」という言葉を使うようになりました。

「春一番」という言葉自体が初めて登場したのは、1963(昭和38年)年2月15日の朝日新聞朝刊でした。

1985年からは気象庁にも「春一番」という言葉が採用されて、現在では気象庁が「春一番」の発表を行っています。

いよいよ春の訪れですね。みなさまにも素晴らしい風が吹きますように。

はやと

2017年2月15日

覚悟の瞬間 福翊株式会社 田中多恵

最新記事

ブログカテゴリー

アーカイブ

お問い合わせフォーム

メタルに関するお問い合わせは

お問い合わせフォーム
覚悟の瞬間 福翊株式会社 田中多恵
ページトップ