挑んでいるのは光輝き続ける事|貴金属リサイクル事業|福翊株式会社

092-951-0021

スタッフブログ

唖然

ロンドン五輪金メダリストの村田諒太選手(31・帝拳)がWBA世界ミドル級王座決定戦(20日・有明)で不可解な判定負けをしたことが、世界的に大きな波紋を広げています。

4回にダウンを奪い、5回、7回とグロッキー寸前にまで追い込んだ村田選手が、手数はあったがほとんど有効打を打てずにクリンチなどで逃げまくったアッサン・エンダム(33、フランス)に「1-2」の僅差で判定負けを喫しました。

海外メディアもこの判定に疑念を呈して、WBAのメンドーサ・ジュニア会長は、自らが採点したこの試合のジャッジペーパーを公開。

「公正な採点がされなかったことに怒りと不満がある。私の採点では村田が117-110で勝利した。村田選手と、帝拳、そして日本のボクシングファンにおわびしたい。私はチャンピオンシップ委員会に再戦を要求する」

と異例の謝罪、ダイレクトリマッチ(再戦)を認める声明を発表するまでに至っています。

しかし、一度下された判定は、ダウン後のパンチなど明確な反則行為がなければ覆ることはないそうです。

なぜ、このような不可解な判定が生まれてしまったのでしょう。

背景には様々な憶測が飛び交い、大きな波紋を呼んでいます。

しかしながら、当の村田選手はその件には触れず、男らしい態度を貫いているように見受けられます。

その清々しい言動に改めて感動を覚えました。

世界戦は何が起こるか分かりません。

敵はリングの外にも存在するようです。

やはり、挑戦者には完全なる勝利(ノックアウト勝利)が求められるのでしょう。

今後の村田選手のさらなる活躍を、ボクシングファンとして、また日本人として心より期待しております。

はやと

2017年5月24日

覚悟の瞬間 福翊株式会社 田中多恵

最新記事

ブログカテゴリー

アーカイブ

お問い合わせフォーム

メタルに関するお問い合わせは

お問い合わせフォーム
覚悟の瞬間 福翊株式会社 田中多恵
ページトップ