挑んでいるのは光輝き続ける事|貴金属リサイクル事業|福翊株式会社

092-951-0021

スタッフブログ

千里の道も一歩から

みなさま ブォナセーラ ♪( ´θ`)

本日は、最近読んだ『料理の第一歩』(北大路 魯山人 著) より、引用をシェアさせて頂きたいと思います。

ちなみに「北大路 魯山人」(きたおおじ ろさんじん)とは

1883年3月23生〜1959年12月21没。本名は「北大路 房次郎」篆刻家・画家・陶芸家・書道家・漆芸家・料理家・美食家など様々な顔を持つ「一流の芸術家&稀代の通人」でありました。

この書籍の終盤に書かれている以下のメッセージは、料理を志す者のみならず、全ての人にマッチする意義深いものではなかろうかと思われました。

決して耳新しいメッセージではないかも知れませんが、この偉大なる先人の声を是非ご参考にして頂きたいと思います。

以下『料理の第一歩』(北大路 魯山人 著)より引用させて頂きます。

“おいしく料理をつくりたいと思う心と、おいしい料理をつくるということは、似ているが同じではない。わたしたちは、したいと思っても、しようと思うのはなかなかだ。しようと思っても仕上げるまでには時を必要とする。だが、したいと思っている心を、しようと決心するには一秒とかからない。まず希望を持っていただきたい。やってみたいという希望を持ったら、やりとげようと決心していただきたい。決心したならば、すみやかに始めていただきたい。むずかしいことはなにもない。やってみない先から、とてもできないと思いあきらめているひとがあまりにも多すぎはしないだろうか。料理はいつもわれわれ日常生活とともにある。そして、そのコツも、いつもわれわれのいちばん手近にある。だが、道は遠いかも知れない。しかし、その遠い道は、いつもいちばん手近の第一歩からはじまっているのだ”

以上『料理の第一歩』(北大路 魯山人 著)より引用させて頂きました。

いかがでしょう。「思い」だけに留まらず「行動」する。

当然の事ながら、無限の旅路も先ずは最初の一歩から始まります。

私も忙しさにかまけず「〜したい」と思う事はチャレンジして参ります。

力まずに、先ずは身の丈にあった「一歩」を踏み出して。

はやと

2017年5月31日

覚悟の瞬間 福翊株式会社 田中多恵

最新記事

ブログカテゴリー

アーカイブ

お問い合わせフォーム

メタルに関するお問い合わせは

お問い合わせフォーム
覚悟の瞬間 福翊株式会社 田中多恵
ページトップ