挑んでいるのは光輝き続ける事|貴金属リサイクル事業|福翊株式会社

092-951-0021

スタッフブログ

なんとない違和感

みなさま ブォナセーラ ♪( ´θ`)

6月に入り、私の大好きなMLB(メジャーリーグ・ベースボール)も開幕後3月目を迎え、連日熱い戦いが繰り広げられています。

もちろん、我らが日本人選手たちの活躍も期待されるところです。

その様な中、イチロー選手が不振に苦しんでいますね。

巷では、年齢に伴う動体視力の衰え等、ネガティブな噂が囁かれている様ですが、そこは前人未到の金字塔を打ち立ててきた偉大な選手のこと。必ずや復調してくれるものと信じます。

さて、そのイチロー選手が所属する「マイアミ・マーリンズ」ですが、経営上の不振に伴い13億ドル(約1440億円)で売却される可能性が高まっているとの情報が、複数のメディアによって伝えられています。

公開されている情報によりますと、今回の売却話のとりまとめ役は、共和党重鎮の「ミット・ロムニー氏」の息子である「タッグ・ロムニー氏」がパートナーを務める「Solamere Capital」という投資会社であり、どうやら中国からの出資案がまとまりそうな状況との事です。

近年、中国人投資家はスポーツチームや米国の不動産購入に旺盛な意欲を示しているそうです。

そういえば、昨年は中国の家電量販大手がイタリアのサッカークラブの名門「インテル・ミラノ」の買収を発表し、世界に衝撃が走りました。

しかしながら「ベースボール」や「バスケットボール」はアメリカにとっては国技同様の存在の筈。

他国の支配下に陥る前に、どうかアメリカ国内から身請けの「手」が挙がる事を期待したいと思います。

「日本の象徴たち」のみならず、近年様々な「アメリカの象徴たち」が中国資本に飲み込まれて行く状況に「なんとない違和感」を感じる私です。

しかしながら、考えてみれば以前の日本も同様の事をして来ているんですよね。

ハワイを皮切りに、数多くの「アメリカの象徴たち」のみならず「世界の象徴たち」を握りまた手放してきた感があります。

どうやら経済成長が描く歴史絵図は、同様の「かたち」を生み出すようです。

ということは

中国にも「バブルの崩壊」や「デフレの到来」があり得るのでしょうか?

すでに来ていたりして??

はやと

2017年6月14日

覚悟の瞬間 福翊株式会社 田中多恵

最新記事

ブログカテゴリー

アーカイブ

お問い合わせフォーム

メタルに関するお問い合わせは

お問い合わせフォーム
覚悟の瞬間 福翊株式会社 田中多恵
ページトップ