挑んでいるのは光輝き続ける事|貴金属リサイクル事業|福翊株式会社

092-951-0021

スタッフブログ

車内の掟

みなさま ブォナセーラ ( ^∀^)

快適とは言い難い季節を迎えておりますが、みなさまお元気でお過ごしでしょうか?

体調を崩しやすいこの時節、衣食住の環境を整えつつ元気印で参りましょう。

さて、本日のお話し….。

博多から新幹線にて東へ向かう車内での出来事です。

私は、車両最後尾の窓際席に座り、快適に移動をしてました。

恐らくは博多を出発してから3つ目の駅だったと思うのですが、前の席に2人の乗客が座った気配を感じました。(読書に集中していた為、伏し目がちな視野での感覚です)

その後間も無く….。

地響きの様な野太い声がする様な…. (● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

何だろう??

思わずイヤホンを外し、席を立って周囲を見渡す私….。

その声の主は先の乗客達でした。それも男性ではなく女性だった事で2度びっくりの私。

その女性×2名様は、共に「マ◯コ◯ラ◯クス」さんに引けを足らない程の巨漢で、ちょっとこちらが引いてしまう程の派手な衣装に身を包んでました。

「参ったなぁ〜 ⁈ これはやばい展開だぞ (汗) 」 思わず呟く私。

その後の展開は想像の通り….。

野太い大音量での会話は異常な盛り上がりを見せ、とどまることを知りません。

他の乗客も明らかに不快な表情を見せています。

「この二人、一体どこまで行くんだろう?早く降りないかなぁ〜 (● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾」

恐らくは、私だけではなく他の乗客の総意であろうその思いが天に通じたのか、間も無く広島に到着という頃、この二人組に動きが,,,,。

「やった ! 降りるぞ ٩( ᐛ )و 」

一瞬車内に歓喜と安堵の空気が流れた気がします。

「さ・よ・う・な・ら〜 (´∀`)」 (一期一会 サイコ〜 \(^ω^)/)

最後くらいは気持ち良くという事で、爽やかな思いで別れを告げる私。

「あれ ?」

「あれれ?」

「あの二人組が戻って来た !! 」

「何だ!! どうしたんだ ??」

「おまけにド派手なおばさんたちが、新たに大勢乗り込んで来たぞ!!」

何と、先の女性たちは広島から乗り込むチームメイトを出迎えに行っていたのでした。

「ウエ〜 Σ(‘◉⌓◉’) 」

その後の展開もご想像の通り。

私の乗車した7号車のほぼ3分の2は、会話の内容から「ネ◯ト◯ーク・ビ◯ネス」系の御一行様であろうこの方達に占められました。

私はようやく新神戸での乗り換えを果たし、けたたましくやかましい異星人を乗せた列車は、一路新大阪へ向け出立しました。

「不快に感じる周波数帯域」なるものがあるそうです。みなさまご存知ですか?

何らかの規定数値を超え明らかに不快をもたらしている様な場合、何か良い対応策はないものでしょうか??

(例えば、上限値を超えたらセンサーが鳴るシートとか)

もちろん「車内の掟」など無い方が良いとは思うのですが。

いかがなものでしょう?

はやと

2017年7月19日

覚悟の瞬間 福翊株式会社 田中多恵

最新記事

ブログカテゴリー

アーカイブ

お問い合わせフォーム

メタルに関するお問い合わせは

お問い合わせフォーム
覚悟の瞬間 福翊株式会社 田中多恵
ページトップ