挑んでいるのは光輝き続ける事|貴金属リサイクル事業|福翊株式会社

092-951-0021

スタッフブログ

永遠の友情

みなさま ブォナセーラ (^.^)

本日は、海外ニュースサイト「Tech Insight」に掲載されていた「悲しいけれど素敵」なお話しより…。

*見送る側と見送られる側*

人生には様々な「お別れ」がつきものですが、今回は「人とペット」の離別にまつわるストーリーです。

主人公は、ドイツ・フュルト市にある病院「Klinikum Fürth」で末期の病に伏せていた58歳の女性。

余命わずかとされたこの女性は、愛馬との最期の別れを希望します。

このリクエストに伴い、女性の親族らは医療スタッフや乗馬スクールのスタッフらの協力を得て「ディーナ」という雌馬をトレーラーに乗せて病院へ運びます。

病院のスタッフが女性患者をベッドのまま中庭に連れて行き、乗馬スタッフと親族がディーナを伴い女性のそばへ…。

そして、親族の一人が女性の右手を持ち上げ、ディーナの鼻先まで持って行く。

飼い主に優しく撫でてもらう間、これが最期の別れとなることを察したかのようにディーナは身動きひとつする事なく静かにしていたそうです。

これらの情報は同病院のFacebookアカウントに投稿され、世界中の人々から反響が寄せられるに至りました。

私自身、これまでも人間と動物たちの親愛ストーリーは数多く見聞きして参りました。

いつも思う事ですが….。

旅立ちのタイミングは違えども、いつの日か時空を超えた再会が叶うと良いですね。

はやと

2017年9月27日

覚悟の瞬間 福翊株式会社 田中多恵

最新記事

ブログカテゴリー

アーカイブ

お問い合わせフォーム

メタルに関するお問い合わせは

お問い合わせフォーム
覚悟の瞬間 福翊株式会社 田中多恵
ページトップ